全国の血液センターには学生の献血推進ボランティアが組織されており、北海道では5都市(札幌・旭川・釧路・室蘭・函館)に学生の献血推進ボランティア団体がいます。その中で札幌で活動しているのが私たち『トマトクラブ』です。大学生、短大生、専門学生を中心に活動しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

けんけつ講座(第6回~第10回まで)
 twitterにてツイート済みの献血講座のおさらいです。

第6回
~血液は足りてるの?~
血液は長期保存できないため、
季節によって不足することがあります。
特に冬の時期は不足しがちなため、
より多くの方にご協力お願いします

第7回
~薬を飲んでいても献血できる?~
 風邪の治療で薬を飲んでいたり、
注射をしている場合は、
3日間献血のご協力をお断りしています。
しかし薬の内容により医者の判断で
ご協力頂ける場合もあります。

第8回
献血は、毎日稼働している献血バスと
常設の施設(献血ルーム、血液センター)で受け付けています。
お近くの献血場所をお探しの際は
こちらをご参考に。
 日本赤十字HP 
http://www.jrc.or.jp/donation/index.html

第9回
~献血の手順~
 仝シ貎醜書にご記入頂きます。
お申し込みの際に記載して頂く
個人情報は厳重管理されています。
¬篆派爾里患入。
献血される方の安全と
患者さんが安心して輸血を受けられるよう
健康状態を伺います。

第10回
~献血の手順(前回からの続き)~
0綮佞砲茲詭篆任よび血圧測定
ぅ悒皀哀蹈咼麈仕拌定と血液型の事前判定
ジシ譽戰奪匹鵬になり献血開始
Φ抃董8シ豸紊禄淑な休息が必要です
Цシ譽ードの受け取り
 以上です。

毎週水曜、担当者がつぶやいています
フォローよろしくお願い致します。
twitter @tomato_club_821

 
  トマトクラブのロゴ
けんけつ講座(第1回〜第5回まで)
 twitterにてツイート済みの献血講座のおさらいです。

第1回
〜何で献血は必要なの?〜
〕血の必要な患者さんを救うため。
血液は生きるために欠かせません。
事故や血液が働かない病気の患者さんへの
輸血用血液として提供されます。

第2回
〜何で献血は必要なの?〜
血液は人工的に作れないため。
そして、血液にも食べ物と同じように期限があり、
古いものは患者さんに使えません。
そのためいつも新しい血液を確保する必要があるのです。

第3回
自分の国の血液は自分の国の『献血』で。
安全な血液を確保するために
自分の国で全ての血液をまかなうようにしています。
日本の輸血用血液は100%確保されておりますが、
多くの患者さんの命を救うためにもみなさんの理解と協力が必要なのです。

第4回
今は血液を赤血球・血漿・血小板に分け、
患者さんの病気に合わせた輸血をする『成分輸血』が主流です。

第5回
献血には400mlと200mlの2種類があり、
赤血球輸血に用いられるが400mlの方が患者さんへの負担が少なく、
安全であるのでより必要とされています。

毎週水曜、担当者が交代でつぶやいています
フォローよろしくお願い致します。
twitter @tomato_club_821

      トマトクラブのロゴ 
無制限飲み放題会議

 まずは更新が
遅くなりごめんなさい。

F前の23日、
大通で
無制限飲み放題会議
をしました〜。
全国・全道会議の報告の後、
かんぱーい

飲みの様子は写真の通り。
参加できなかったメンバー、
残念だったね


 
 
  

さすがトマトメンバー。
飲みだけではありません。
ちゃんと話し合うことは話し合いましたっ。

以下、その報告内容の一部です。


【メルマガ担当】
プロバイダー、
データアップ方法の決定。
アカウントは担当者任せ。

※トマトクラブメンバーの皆さん、
 メルマガ詳細を担当者が
 GドキュにUPしてくれています。
 次の会議までに目を通してね。
そして、
写真の顔出しNGさんはMまでご連絡を。 


【ユニフェス担当】
アンパンマンのエキスの上映、
非献血者へのアンケート、
トマトクラブ宣伝のパネルとビラなど
具体的な内容を今後職員さんと検討。

【クリキャン以外のイベント担当】
お悩み相談室、
処遇品のない献血呼びかけなどの
実施を今後職員さんと検討。

【Twitter】
毎週水曜ツイート中の
献血知識講座の継続、
ハッシュタグの統一化、
HPとの連動などを進める。


次回会議は
9月5日(月)18:30〜
センターにて。
月曜です。
曜日をお間違えなく

全国会議
 8/10-12日の3日間にわたり、全国の学生献血推進協議会の学生が集まって会議を行いました。
47都道府県の学生、総勢90名の学生が集まり大規模な会議でした。


今年はなんと札幌で行われました。



1日目
オリエンテーションや懇親会があり、初めて会う人ばかりですが、ここで多くの人と仲良くなりました(●^o^●)


2日目
9時から17時までの長丁場でした。

午前中は赤十字本社の方からの今まで・これからの献血事業のお話を聞いたり、サプライズゲストが登場したりでした!
(サプライズゲストはこういうところで書くのはNGということなので、ごめんなさい(>_<))

他には北海道大学病院の方に来ていただき、移植についてと、移植の時にどれだけ輸血が必要であるかを講演していただきました。

同じく北海道大学のラクロス部の方にも来ていただき、ラクロス部でどのように献血に協力をしているかを話していただきました。

個人的に、自分は献血推進活動をしているのに、こんな活動をしているサークルは初耳で、とても驚きました!



午後は分科会!
10グループに分かれて、「注射が嫌い」「時間がない」「献血の意識が無い」「」献血について知らない」「一人で行く勇気がない」の5つのテーマで、それぞれテーマである献血をしない理由の払拭・克服をどうやってできるか議論をしました。


全国各地の人と同じグループになって、各地域で行ってる活動や考えを聞けて、とてもこれからの活動に参考になる分科会でした(●^o^●)



3日目
さすがに疲れが見え始めた人たちが何人かいましたね(>_<)笑


全国統一クリスマス献血キャンペーンについての話し合い。
主な内容は、処遇品に使う袋のデザインや材料・ポスターについて決めました。


ここで、全国会議は終わりました。


それからは、第2会全国学生献血推進実行委員会が行われました!
これは、北海道ブロック・宮城ブロック・東京ブロック・愛知ブロック・大阪ブロック・岡山ブロック・福岡ブロックの7ブロックの代表者たちが集まって行いました。


主な内容は、前回の実行委員会(5月開催)での検討事項のまとめ事務局からの連絡や、次回の実行委員会の日程などの話をしました、

他には、今年の実行委員会で「何か新しいことを行いたい」と前回の委員会で決まり、その内容について話をしました!



7月に全道統一のサマー献血キャンペーンを行いましたが、12月に開催予定のクリスマス献血キャンペーンは全国統一のイベントなので、イベント内容など期待していてくださいね(●^o^●)


そして、これからも定期的な献血へのご協力お願いしますm(__)m
今後の活動について

サマキャンを終えて、
今後の活動について話し合いました。

twitter・HP、イベント、メールマガジンの
3つのグループに分かれました。

twitter・HP
twitterは最低週に1回更新していきます。
昨日から献血の知識をつぶやいてます!!
他に献血ルームの紹介など
つぶやいていこうと考えています。

HPは献血の体験談や動画の紹介など
更新していきます。

イベント(クリキャン以外)
・呼びかけ(高校・大学・札駅・
4プラ・狸小路・スーパー)
・トークショー
・勉強会
などいろんな案がでました!

メールマガジン
メールマガジンは毎月1回配信していきます。

<内容>
・イベント情報(活動報告)
・トマト日記
・献血の知識
イベントがある時には特別号を配信します!!


上記の活動では1年生がリーダーとなるなど
今後のトマトクラブの活動に繋がるように
頑張っていきたいと思います!!