全国の血液センターには学生の献血推進ボランティアが組織されており、北海道では5都市(札幌・旭川・釧路・室蘭・函館)に学生の献血推進ボランティア団体がいます。その中で札幌で活動しているのが私たち『トマトクラブ』です。大学生、短大生、専門学生を中心に活動しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 無制限飲み放題会議 | main | けんけつ講座(第6回~第10回まで) >>
けんけつ講座(第1回〜第5回まで)
 twitterにてツイート済みの献血講座のおさらいです。

第1回
〜何で献血は必要なの?〜
〕血の必要な患者さんを救うため。
血液は生きるために欠かせません。
事故や血液が働かない病気の患者さんへの
輸血用血液として提供されます。

第2回
〜何で献血は必要なの?〜
血液は人工的に作れないため。
そして、血液にも食べ物と同じように期限があり、
古いものは患者さんに使えません。
そのためいつも新しい血液を確保する必要があるのです。

第3回
自分の国の血液は自分の国の『献血』で。
安全な血液を確保するために
自分の国で全ての血液をまかなうようにしています。
日本の輸血用血液は100%確保されておりますが、
多くの患者さんの命を救うためにもみなさんの理解と協力が必要なのです。

第4回
今は血液を赤血球・血漿・血小板に分け、
患者さんの病気に合わせた輸血をする『成分輸血』が主流です。

第5回
献血には400mlと200mlの2種類があり、
赤血球輸血に用いられるが400mlの方が患者さんへの負担が少なく、
安全であるのでより必要とされています。

毎週水曜、担当者が交代でつぶやいています
フォローよろしくお願い致します。
twitter @tomato_club_821

      トマトクラブのロゴ 
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
COMMENT