全国の血液センターには学生の献血推進ボランティアが組織されており、北海道では5都市(札幌・旭川・釧路・室蘭・函館)に学生の献血推進ボランティア団体がいます。その中で札幌で活動しているのが私たち『トマトクラブ』です。大学生、短大生、専門学生を中心に活動しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今後の活動について | main | 無制限飲み放題会議 >>
全国会議
 8/10-12日の3日間にわたり、全国の学生献血推進協議会の学生が集まって会議を行いました。
47都道府県の学生、総勢90名の学生が集まり大規模な会議でした。


今年はなんと札幌で行われました。



1日目
オリエンテーションや懇親会があり、初めて会う人ばかりですが、ここで多くの人と仲良くなりました(●^o^●)


2日目
9時から17時までの長丁場でした。

午前中は赤十字本社の方からの今まで・これからの献血事業のお話を聞いたり、サプライズゲストが登場したりでした!
(サプライズゲストはこういうところで書くのはNGということなので、ごめんなさい(>_<))

他には北海道大学病院の方に来ていただき、移植についてと、移植の時にどれだけ輸血が必要であるかを講演していただきました。

同じく北海道大学のラクロス部の方にも来ていただき、ラクロス部でどのように献血に協力をしているかを話していただきました。

個人的に、自分は献血推進活動をしているのに、こんな活動をしているサークルは初耳で、とても驚きました!



午後は分科会!
10グループに分かれて、「注射が嫌い」「時間がない」「献血の意識が無い」「」献血について知らない」「一人で行く勇気がない」の5つのテーマで、それぞれテーマである献血をしない理由の払拭・克服をどうやってできるか議論をしました。


全国各地の人と同じグループになって、各地域で行ってる活動や考えを聞けて、とてもこれからの活動に参考になる分科会でした(●^o^●)



3日目
さすがに疲れが見え始めた人たちが何人かいましたね(>_<)笑


全国統一クリスマス献血キャンペーンについての話し合い。
主な内容は、処遇品に使う袋のデザインや材料・ポスターについて決めました。


ここで、全国会議は終わりました。


それからは、第2会全国学生献血推進実行委員会が行われました!
これは、北海道ブロック・宮城ブロック・東京ブロック・愛知ブロック・大阪ブロック・岡山ブロック・福岡ブロックの7ブロックの代表者たちが集まって行いました。


主な内容は、前回の実行委員会(5月開催)での検討事項のまとめ事務局からの連絡や、次回の実行委員会の日程などの話をしました、

他には、今年の実行委員会で「何か新しいことを行いたい」と前回の委員会で決まり、その内容について話をしました!



7月に全道統一のサマー献血キャンペーンを行いましたが、12月に開催予定のクリスマス献血キャンペーンは全国統一のイベントなので、イベント内容など期待していてくださいね(●^o^●)


そして、これからも定期的な献血へのご協力お願いしますm(__)m
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
COMMENT